2014/12/18(木) 年末年始の営業日についてのお知らせ
平素はバスブックマークをご利用いただき誠にありがとうございます。
年末年始の営業時間についてご案内いたします。

12月29日(月) AM10:00~PM19:00(通常通りの営業)
12月30日(火) PM13:00~PM17:00
12月31日(水) PM13:00~PM17:00
01月01日(木) PM13:00~PM17:00
01月02日(金) PM13:00~PM17:00
01月03日(土) PM13:00~PM17:00
01月04日(日) PM13:00~PM17:00
01月04日(月) AM10:00~PM19:00(通常通りの営業)

なお、営業時間外の出発直前のキャンセル・変更等のご連絡は、予約受付確認書【3】に記載しております緊急連絡先へご連絡下さい。
何卒よろしくお願いいたします。
2014/12/18(木) 本日の運行状況について【18:00現在】
この度はバスブックマークをご利用いただき、誠にありがとうございます。

降雪等の悪天候にともない、その影響でバスの運休や大幅な延着が発生する場合があります。
何卒ご理解いただきますようよろしくお願い致します。

■ 現在の運行状況

現在のところ、全便平常通り運行予定です。

■ 運休等になった場合の対応

悪天候の影響で運休になる場合、運行中止が決定した時点で弊社もしくは運行会社よりメールにてお客様へご連絡させていただきます。運休決定は気象状況や道路状況を総合的に判断するため決まった時間にお知らせすることができません。何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

■ ご注意事項

・今後の天候次第では、突然に公共交通機関(電車、バス等)が運行中止になる場合が予想されますのでお早めに集合場所へご集合ください。
 →その他の運行可能な代替交通機関(タクシー、地下鉄、新幹線、バス等)でご集合場所にご集合ください。
・走行中に風雨・風雪等が強くなり安全運行に支障を期たす恐れのある場合は最寄りのサービスエリア等に駐車し待機する場合があります。
・高速道路に通行止め等が発生した場合は、別の高速道路や一般道へ迂回しての走行を行う場合があります。
・遅延に対する補償や他の交通機関等のご利用に関しての費用の負担は致しませんのでご了承下さい。

■ 運休によるキャンセル・払戻し

バスの運休が決定した場合は、全額払い戻しさせていただきます。その場合大変お手数ですが弊社にてご返金のお手続きをさせていただきますので弊社へメールもしくはお電話にてご連絡お願いいたします。
ただし、以下の場合は返金の対象とならず、通常通りのキャンセル料が発生いたしますので十分ご注意ください。

・自己都合・自己判断によるキャンセルまたは日程変更。
・運休決定前のキャンセル。
・公共交通機関の運休、交通渋滞や災害等により集合場所へ間に合わなかった場合。

※各公共交通機関の運行状況につきましては、それぞれの公共交通機関へお問合わせをお願いいたします。

予めご了承の上、ご参加下さいますようよろしくお願い致します。

この度はご心配をお掛け致しまして、申し訳ございません。
何卒ご理解いただきますようよろしくお願い致します。

時出発エリアから高速バス・夜行バス情報

全国の(東京、大阪、名古屋、仙台)出発エリアから高速バス・夜行バスを探す

全国図
  • 【四国エリア】
  • 愛媛県(0)
  • 香川県(0)
  • 徳島県(0)
  • 高知県(0)
  • 東北エリア発
  • 北陸エリア発
  • 関東エリア発
  • 中部エリア発
  • 関西エリア発
  • 中国エリア発
  • 四国エリア発
  • 九州エリア発

バスブックマークとは

高速バス・夜行バスの予約サイトです。

東京、大阪、名古屋、仙台、福岡、広島、青森、盛岡、新潟、徳島などを中心に全国各地の都市間を結ぶ、高速バス・夜行バス・深夜バス・ハイウェイバス・長距離バスを格安予約が可能。トイレ付、ゆったりシート、女性も安心できる専用タイプなど、リーズナブルなバスからハイグレードなバスなどお好みのバスタイプを選べます。バスブックマークで快適な高速バス・夜行バスをお探しください。

            

高速乗合バスとは

高速ツアーバスのメリットを取り入れたつつ、高速乗合バス(高速路線バス)」の安全対策をさらに強化した新制度です。

2013年7月末まで、旅行会社が企画する「募集型企画旅行」としてツアー参加者を募集し、貸切バス会社へ運行委託する『高速ツアーバス』は2013年8月以降『高速乗合バス』へと一本化されました。 高速乗合バスとは、『乗合バス』として国土交通省から認可を受けたバス会社が運行し、高速乗合バス停留所の設置、運行ダイヤや運賃申請など国土交通省へ届出、認可を受け、決められたルートでの運行が義務付けられました。 今まで曖昧だった責任の所在をバス会社のよるものと明確化し、より安全で厳しい基準のもと運行される高速乗合バスは、今後乗車される数多くのユーザーのニーズにお応えしていきます。

ページの先頭に戻る