2017年08月未定

金沢発 東京都行き 夜行バス・高速バス5 件 1件~5件表示

逆区間

高速バス 夜行バス検索

出発地
逆区間に変更する
到着地
乗車日

時間帯

シートタイプ
設備・サービス

  • 8月の最安値料金カレンダーを表示
   
1 -
2 -
3 -
4 -
5 -
6 -
7 -
8 -
9 -
10 -
11 -
12 -
13 -
14 -
15 -
16 -
17 -
18 -
197,000円
206,300円 215,600円 225,200円 235,200円 246,600円 257,900円 264,840円
274,840円 284,580円 294,100円 304,100円 314,100円    

金沢→東京特集


石川県の「金沢」からは、「東京」「埼玉」「千葉」「神奈川」といった関東方面や、「名古屋」「大阪」などの都市へのバスの発着があります。
中でも「金沢→東京」の便は、「東京駅」「池袋」「新宿」「上野」といった中心街以外にも、「東京ディズニーリゾート」や「秋葉原」など、需要の高いエリアへの直行便があります。新幹線よりも時間はかかりますが、目的地に直行できるのは大きな利点でしょう。東京経由で「成田空港」まで行く便もあります。
バスのタイプも4列シートのスタンダードのものから、3列独立シートのゆったりしたタイプまでありますので、目的地まで快適に過ごすことができます。
ここでは、金沢から東京へ向かうための情報をご紹介いたします。


金沢のバス乗り場はどこにある?


金沢の高速バス乗り場は、JR西日本の金沢駅に集中しており、兼六園口(東口)と金沢港口(西口)のどちらのバスターミナルでも発着があります。大半は兼六園口側なのですが、一部は金沢港口発なので、乗車前に確認しておきましょう。
なお、兼六園口の前には、金沢駅の名所「鼓門(つづみもん)」があるほか、ホテルやレンタカーなど、観光客向けの施設が多数あります。観光で金沢に来ているのであれば、兼六園口発着の高速バスが便利でしょう。
なお、金沢発ではなく、小松空港のある「小松」始発で金沢を経由し、東京に向かう便もあります。金沢よりも小松が近い場合は、アクセスの良い場所から乗車するといいでしょう。


金沢・東京間のおもなサービスエリア情報


上里サービスエリア


埼玉県児玉郡にある上里サービスエリア(上り)は、大型56台、小型293台の駐車スペースを持つサービスエリアです。シンボルマークのデザインは、上里町の木である「八重椿」をモチーフにしています。埼玉はもちろん、群馬や長野、栃木などの食べ物やお土産が購入できるのが特徴で、「八幡屋礒五郎」の七味を使用した「とうがらし煎餅」や、90周年を迎えた老舗「浪花屋製菓」の「元祖柿の種」などを購入できます。
ほかにも、「皇居外苑」のどらやきなど、高級感のあるお土産も販売されています。
休憩時間に余裕があれば試したいフードコートのメニューとしては、「上州ぽ~く亭」の豚丼や「らーめん那の福」のアンガスサーロインをトッピングしたラーメンなどがあります。
休憩時間が短い場合には、「スターバックスコーヒー」や「Panini KITCHEN ロイヤルベーカリー」を利用してみてはいかがでしょうか?ほかにも、スナックスタンドで売られている、上州名物「焼きまんじゅう」も、小腹を満たすのにおすすめですよ。


高坂サービスエリア


埼玉県東松山市にある高坂サービスエリア(上り)は、大型88台、小型326台の駐車スペースを持つサービスエリアです。
休憩時間に余裕があれば、高坂サービスエリアの人気メニュー「道なか食堂げんき」の「毛呂豚の柚子塩丼」や、「第3回どんぶり王座決定戦!」の決勝に進出した「よりいポークのとろける角煮丼」にチャレンジしたいところです。
しかし、高速バスのサービスエリアの休憩時間は、短い場合がほとんどです。その場合、「パティスリー茶匠庵」の生クリームどら焼きはいかがでしょうか?種類は時期により変動しますが「小豆クリームどら焼き」「フランボワーズどら焼き」「抹茶あずきどら焼き」「カフェラテどら焼き」「マロンクリームどら焼き」「黒ゴマクリームどら焼き」などがあります。冷凍で販売されていますので、お土産にも最適ですし、車内で半解凍させてアイスのように食べてもいいかもしれません。


おもなバス会社の予算比較


新幹線との価格競争もあるため、「金沢・東京」の便はリーズナブルな価格帯のチケットも多いエリアです。
特に安いのが「杉崎高速バス」で、時期によっては3,000円を切ることもあります。バスは4列シートになりますので少々せまく感じる部分はありますが、コンセントなどもついていますので、それほど低レベルというわけではありません。
車内でゆったりと過ごしたい方は、「ゆったり4列シート」を持つVIPライナーや、桜交通のキラキラ号などが4,000円台から乗車できます。
さらに予算に余裕があれば、JRバスの「金沢エクスプレス」に乗ると「3列独立シート」に座れます。値段も4,500円くらいからありますので、極端に価格が上がるわけではありません。


金沢・東京移動の注意点


バスで金沢から東京に向かう際に気を付けたいのが「天気」です。2~3月に乗る場合は、降雪などが原因で遅延する可能性もあります。また、車内が寒くなることもありますので、利用するバスにブランケットなどのレンタルサービスがあるかどうかを確認し、ない場合はブランケットを持ち込むなど、防寒対策をしておくと良いでしょう。夜間便は特に注意が必要です。
また、サービスエリアでの降車ができないバスもあるようです。観光旅行の帰路に高速バスを利用される方は、サービスエリアやパーキングエリアでお土産を買えない可能性もありますので、ご注意ください。

ページの先頭に戻る