2017年06月未定

長野県発 東京都行き 夜行バス・高速バス33 件 1件~20件表示

逆区間

高速バス 夜行バス検索

出発地
逆区間に変更する
到着地
乗車日

時間帯

シートタイプ
設備・サービス

長野→東京特集


長野県からの高速バスは、陸路のアクセスが比較的いいこともあり、「東京」や「大阪」はもちろん、「京都」や「愛知」「埼玉」「山梨」「新潟」「富山」「岐阜」といった各県の都市への便が運行しています。特に、長野・東京間は所要時間5時間ほどということもあり、夜行バスだけでなく昼行便を利用する人も少なくないようです。また、長野・大阪間も6時間半ほどで到着しますので、こちらもかなり便利です。
バスのタイプも4列シートのスタンダードのものから、3列独立シートのゆったりしたタイプまで豊富ですし、バス会社によってはビデオなども充実していますので、目的地まで快適に過ごすことができます。ここでは、長野から東京へ向かうための情報をご紹介します。


長野のバス乗り場はどこにある?


長野県の高速バス乗り場は「長野」「松本」「諏訪」「白馬」などがあります。また、「軽井沢」も高速バスの発着があります。利便性の面からは、長野駅や松本駅がメインの乗り場となるでしょう。
長野駅の高速バスの乗り場は「ホテルサンルート長野」の前です。善光寺口のバスロータリーや東口にバスの停留所がありますので、集合場所を間違えないように注意しましょう。なお、長野駅は北陸新幹線や信越本線の乗り入れがあるため駅構内の施設が充実しており、待ち時間でも食事や買い物を楽しめますので、観光客には最適な出発場所かもしれません。
一方、松本駅では、お城口にある「アリオ松本」の1階に松本バスターミナルがあります。ここからは高速バスだけでなく路線バスも出ていますので、路線バスから高速バスに乗り換える方には、便利な場合もあります。


長野・東京間のおもなサービスエリア情報


横川サービスエリア


群馬県安中市にある横川サービスエリア(上り)は、大型45台、小型190台の駐車スペースを持つサービスエリアです。横川サービスエリアの特徴のひとつが「和の雰囲気」で、「峠の茶屋通り」という売店エリアでは「ソフトクリーム」や「鉄板焼き」などが売られています。長距離のバス乗車で小腹が空いた方にはピッタリですね。そのほか、ショッピングコーナーには、上州などの地元食材を充実させているのもポイントで、「ぷっちょ」「ハイチュウ」「カラムーチョ」「カントリーマアム」といった定番お菓子のご当地限定バージョンも、多数販売されています。
なお、サービスエリア内の見所としては、再現された信越本線横川駅の駅舎があります。ここには、実物車両が設置されています。電車が好きな方には、見逃せないスポットかもしれません。


三芳パーキングエリア


埼玉県入間郡にある三芳パーキングエリア(上り)は、大型104台、小型200台の駐車スペースを持つ大型のパーキングエリアです。
三芳パーキングエリアは、NEXCO東日本が展開している「Pasar(パサール)」のひとつです。Pasarはパーキングエリアの「PA」、サービスエリアの「SA」、リラクゼーションの「R」を組み合わせた造語で、積極的に利用したくなる施設として、関東近県で展開しています。
デパ地下や駅ナカにあるような飲食店をテナントとして迎えていることが特徴で、例えば大阪生まれの洋食店「堂島カレー」や、明治33年創業の老舗親子丼専門店「尾張 三和」など、停車時間が長ければ絶対に食べてみたいお店がそろっています。
テイクアウトで食べられるフードとしては「CUTE CREAM」のワッフルやクレープ、ソフトクリームなどのスイーツがお手頃です。


おもなバス会社の予算比較


長野・東京の便はかなり激戦区なのか、リーズナブルな価格帯のチケットがとても多いエリアです。最低の価格帯としては、株式会社昌栄交通の「どっとこむライナー」が、1,500円で入手可能な時期があります。しかも、スタンダードな4列席ではなく、3列独立席のケースもあります。
逆に、高めの値段がついているのはトラビスジャパン株式会社の「花バス」で、2,400円くらいからの値段設定となっています。特徴としては「女性安心」が謳われていることです。また、WILLER TRAVEL株式会社の「WILLER EXPRESS」などは、通常価格2,500円から発売されており、ポイントはモニター付きで映画やゲームなどが楽しめることです。いずれにしても本路線は、長距離バスを利用することが、とても経済的で便利な区間だといえます。


長野・東京移動の注意点


バスで長野から東京に向かう際に注意したいのが、距離が近いので寝てしまうということです。もちろん、そのこと自体に問題はありませんが、車内に設置されたモニターで映画を見ようとか、ゲームをしようとか、バス内の時間をエンジョイすることはできなくなってしまいます。
また、サービスエリアなどでお土産を買う予定がある方は、大事なチャンスを失うことになります。移動時間をどのように過ごすのかを決めてから、乗車する時間帯やバスのタイプを選ぶと良いでしょう。

ページの先頭に戻る