2017年08月未定

富山県発 東京都行き 夜行バス・高速バス5 件 1件~5件表示

逆区間

高速バス 夜行バス検索

出発地
逆区間に変更する
到着地
乗車日

時間帯

シートタイプ
設備・サービス

  • 8月の最安値料金カレンダーを表示
   
1 -
2 -
3 -
4 -
5 -
6 -
7 -
8 -
9 -
10 -
11 -
12 -
13 -
14 -
15 -
16 -
17 -
18 -
19 -
20 -
21 -
22 -
234,300円
24 -
25 -
266,000円
274,000円 283,980円 293,300円 303,300円 313,300円    

富山→東京特集


富山県からは、「東京」はもちろん、「大阪」「名古屋」といった大都市や「京都」「仙台」「山形」などへの高速バスが多数出ています。人気路線の富山・東京間の所要時間は約6時間半、富山・大阪間は約5時間半と、どちらの都市へのアクセスも容易です。
富山・東京間をJR北陸新幹線で移動した場合、移動に2時間20分くらい、料金が自由席で12,210円となります。価格さえ気にしなければ、移動手段としては新幹線に軍配が上がりますが、高速バスは「東京ディズニーランド」への直行便が強みです。夜行バスで車中泊しながら現地に直接到着し、朝一番で人気のアトラクションを楽しむこともできます。ここでは、富山から東京へ向かうための情報を紹介いたします。


富山のバス乗り場はどこにある?


富山県の高速バスは、北陸新幹線の乗り入れもある富山駅の北口と南口にあるバスターミナルが中心です。東京方面への乗り場は北口が多いようですが、バス会社に必ず確認しましょう。また、富山駅以外にも、「高岡高速バスターミナル」からの、高速バスの発着があります。しかし、JR西日本の「城端線」「氷見線」及び、「あいの風とやま鉄道」が乗り入れる「高岡駅」からの移動も簡単ではありません。このバスターミナルへの移動手段がないのであれば、富山駅前のバスターミナルを使ったほうが便利です。
なお、富山駅周辺には、富山駅構内のお土産屋さんや、ショッピングセンター「マリエとやま」などがありますので、飲み物やお菓子などの軽食のほか、買い忘れたお土産も購入することができます。


富山・東京間のおもなサービスエリア情報


蓮台寺パーキングエリア


蓮台寺パーキングエリア(上り)は、新潟県糸魚川市にあり、大型19台、小型14台の駐車スペースを持つ小規模なパーキングエリアです。最初の休憩に使われることが多いパーキングエリアなので、停車時間はあまり長くありません。しかし、ショッピングコーナーでは、コンテストで準優勝経験を持つ地元の菓子店「ナカシマ」の、一口サイズのチーズケーキ「ディープキューブ」を購入することができます。スイーツ好きならずともおすすめです。


松代パーキングエリア


長野県長野市にある松代パーキングエリア(上り)は、大型27台、小型124台の駐車スペースを持つパーキングエリアです。近くには有名な川中島古戦場があります。
松代パーキングエリアで購入したいのは「ちくま川パン工房」の「パイシュー」です。ほかにも、さまざまなフードが売られていますので、小腹が空いた人はチェックしてみるといいでしょう。


上里サービスエリア


埼玉県児玉郡にある上里サービスエリア(上り)は、大型56台、小型293台の駐車スペースを持つサービスエリアです。上里町の木である「八重椿」をモチーフにしたシンボルマークを使っています。埼玉県のサービスエリアですが、群馬、長野、栃木といった周辺エリアの食べ物やお土産が購入できますので、買い忘れたお土産を買うには最適な場所といえるでしょう。
例えば、群馬エリアのお土産なら、群馬の郷土料理である「焼きまんじゅう」はいかがでしょうか。あんのないプレーンなまんじゅうを、甘辛い味噌だれで焼き、熱々ほくほくの状態で食べられるのは上里サービスエリアならではです。
また、眠気覚ましのコーヒーがほしい場合は、「スターバックスコーヒー」でアメリカーノやラテを買うことができます。ドーナツやクッキーなどの食べ物をいっしょに買って、小腹を満たすこともできますよ。


おもなバス会社の予算比較


「富山・東京」の便は、時期やバスのグレードによって、非常にリーズナブルになっています。「杉崎観光バス」の「杉崎高速バス」や「千葉みらい観光バス」の「KBライナー千葉みらい観光」、「桜交通」の「さくら高速バス」であれば、新幹線の約4分の1の価格となる3,000円前後で乗車可能です。
また、「日本ユース旅行」の「JAMJAMライナー」や「WILLER TRAVEL」の「WILLER EXPRESS」などには3列シートの便もありますので、予算が許せば選択肢に入れたいところです。価格は安い時期なら5,000円を切る場合もあります。


富山・東京移動の注意点


富山・東京間の移動で注意することは、必ずしも「東京」が終点のバスばかりではないことです。富山発は便数が少ないので、たくさんのエリアへアクセスできるように、経由地が多い場合があります。例えば杉崎観光バスでは、富山発の便が大宮を経由し、東京、横浜、秦野、小田原へと向かいます。したがって、万が一乗り過ごしてしまったら、気付いたときには小田原で呆然とすることにもなりかねません。もちろん、降車地によって料金が違えば起こして降車させられますが、料金が同じであれば起こしてくれないケースもあります。特に夜行バスであれば、なおさらです。高速バスは、長距離であること以外は路線バスと変わりませんので、乗降は自己責任によるということを意識しましょう。

ページの先頭に戻る